車 買い替え タイミング

自動車の買い替えのタイミングについて

買い替えのタイミング

自動車の買い替えのタイミングについては、いろいろと考えるところも多いと思います。

自動車は家の持ち物の中でも、価格が高価で車検や整備などのメンテナンスを考えるても維持するのが大変なものの一つです。

 

この自動車をもったいないからと、最後まで乗りつぶすのがベストかというと実はそうではありません。
あまり長く乗ってしまい乗りつぶしてしまうと、中古車として売りに出したい場合には価値がなく売れなくなってしまいます。
買い替えの際には、新しく購入する自動車に少しでもプラスになるように中古車として少しでも高く売りたいのが本音ではないでしょうか。

 

では、どのくらいで中古車として売りにだすか?
5年〜6年位走って走行距離が8万キロを超える前に売りに出し利益を得たいと考えます。
なぜなら、中古車センターでは、7年未満で8万キロを超えた走行距離の自動車は、低価格でしか買い取ってくれないからです。

 

また、長距離を走行し続けなれば、車体もエンジンルームも痛みづらいですので、
そんなに走行しなかった自動車なら、重量税を目安に乗り換えを考えたほうが得策のように考えます。
自動車は13年目を経過すると、重量税が高くなりますのでその前に乗り換えをすることがベストでしょう。
以上のことを考慮して、自動車の乗り換えをしていきたいと思います。